世界平和の実現に意識を向けた空間こそランドオブアロハ

 

ランドオブアロハの本拠地として選ばれたプウホヌア・オ・ワイマナロ・ビレッジはネイティブハワイアンの聖地そしてハワイの自治国です。

オアフ島ワイマナロ地区に位置する通称『ランド・オブ・アロハ』の名付け親はジュジュべ、東洋医学ドクターマシュ–亀井。

ドクターシモンを始め、マシュー、ジュロンそしてコンゴーはジェナ・クローリーと共にランドオブアロハの創立者に当たる。

 

 

歴史

1893年にアメリカが当時のハワイ王国を侵略、その100年後に当たる1993年、クリントン大統領政権時にのハワイ王国侵略謝罪法案により自治権が確立、独立主権国家として認められました。

 

つまり、「我々アメリカがあなたたちの国を侵略しました。謝罪します。ついてはこのエリアについて自治権を認めます」ということです。

 

それがハワイの中に生まれた独立主権国家・プウホヌア・オ・ワイマナロ・ヴィレッジ。

 

元首はカメハメハ大王王家7代目末裔・プウホヌア・バンピー・カナヘレ氏。 

元首の思い:「絶対に我々ハワイ原住民族はアメリカンインディアンの二度毎をしてはならない。略奪された国を返還させ、誇り高い元の、国をもった先住民族に戻る事が大切です。保護とは言いようで、インディアンレザベーション、​又は居留地に追われ移住するつもりはありません。

我々がしている主権運動は略奪された国を平和的な手段で取り返している事です。 自分の権利をクレームしているだけです。 簡単にいうと泥棒が持ち去った物を取り返しているのです。

ハワイのSOVEREIGNTY グループの中にはこの作業に疲れてしまったもの、又は居留地になる方が”特”だと思わされ、または合衆国にお金や地位で飼われた人達もいます。

わたしは自分の最後の息まで、ハワイをNATION OF HAWAI'Iに戻し、そしてランドオブアロハのプロジェクトである世界平和プロジェクトを全うする事を誓います。」

http://www.hawaii-nation.org

"No more looking for problems, take it from me, I be looking to solve um"

映画アロハCameron Crowe’s Controversial “Aloha” Co-Stars Hawaiian Independence Leader

Description of the Hawaiian Independence FlagThe Hawaiian Independence Flag consists of three horizontal bars, white, gold, and black (top to bottom), with the black and white each occupying one quarter of the flag, and the gold filling the central half. In the center of the gold rests a purple kahili. 

The white and black bars represent the balance of all things - Heaven and Earth, night and day, the positive and negative. The gold represents the entire human `ohana (family), with precious life as pure as golden light. The purple represents the original inhabitants of the Hawaiian Archipelago, Na Kanaka Maoli, caretakers of the Spirit of Aloha. The Kahili is an ancient symbol of communication between Heaven and Earth, inspiring leadership of the `ohana. The Kahili is embraced by La`i, leaves of Ti, a sacred plant of Hawai`i with powers of spiritual protection and healing.

人は語る。。。

 Proudly created by Jujube Jena